TOP † 友の会とは? † 顧問・理事・監事

顧問・理事・事務局・監事

友の会の顧問・理事・事務局・監事をご紹介いたします。

顧問
池田 宗弘氏
 武蔵野美術学校彫刻科卒業。自由美術協会会員。
 1983年文化庁在外芸術家研修員としてスペインに滞在(1984年まで)
 1996年「スペイン・サンティアゴ巡礼の道絵巻」(オリジナル手彩)をスペインガリシア州政府に献納
 2007年国立民族学博物館(大阪)にて特別展―聖地・巡礼―
黛 まどか氏
 俳人。「日本再発見塾」呼びかけ人代表、北里大学客員教授。
 1999年、サンティアゴ巡礼道を徒歩で踏破。2004年、スペイン全土で公開された映画『WITHIN THE WAY WITHOUT』に“春の巡礼者”として出演。オペラの台本執筆、校歌の作詞なども手掛け、国内外で幅広く活躍。巡礼体験を綴った著書に『星の旅人―スペイン「奥の細道」』(角川文庫)。
 黛まどか公式サイト:http://madoka575.co.jp/
理事
金塚 多佳子
 私と友の会との関わりは、初めて巡礼路を歩いてみようと思いつき相談デスクに参加した2009年秋からになりますが、それから時を経て、情報やアドバイスを享受していた立場から発信する立場へと変わって行きました。
友の会のありよう、また巡礼路を取り巻く様々な変化や不変の歴史等、多くの事柄について私自身がまだまだ学ばなければならない事を実感しております。
 2011年よりフランス人の道を4回に分けて歩き、定年後は北の道、イギリス人の道、カタルーニャ地方の巡礼路、アラゴンの道、サン・サルバドール、プリミティボとスペインの巡礼路を歩いています。よくどの道が良かったですかという質問をうけますが、どの道もそれぞれ違った良さがあります。
これからもそれぞれの地方の違いを楽しみながら歩いていきたいと思います。
岡本 賢一
 長く国際ビジネスにかかわり、1996年に英国に行きリタイヤするまで長く居住した。帰国後の2008年に初めてカミーノ(フランス人の道)を歩き、その魅力に取りつかれ、以来毎年カミーノを歩いている。
 近年、カミーノへの恩返しの意味で、歩いた後、アルベルゲでオスピタレロをやっている。今後も体力が続く限り歩き続けたい。
森岡 朋子
 2007年、新聞社の通訳としてサンティアゴ巡礼の旅に同行。道中、様々な気づきが与えられ、カミーノに救われたことから友の会の設立に動く。
 2008年、友の会設立。以来、「カミーノになりたい」を口癖にカミーノ予備軍をはじめカミーノに旅立っていく人たちの『道』としてあるべく日本と現地を繋いでいる。そして「巡礼は『礼』を『巡らせる』と書くように、カミーノで得た『礼』はどこかで誰かに『巡らせて』欲しい」という思い強く持ち続ける。
事務局
山本 眞一
 電気通信製造業、携帯電話通信業界を経てリタイア後、群馬県嬬恋村にて自然体験活動のインタープリターとして活動中。NEALインストラクター。
 スペインのHospitalero Voluntarioメンバー。
 2009年にルルドからフランス人の道を歩き、以来スペイン国内の各巡礼路を歩き続けている。総歩行距離は5,000kmを越え、その記録をHPの「サンティアゴ巡礼路の記録」で公開中(http://www7b.biglobe.ne.jp/~akutare)。
 クレデンシャルの発行、ホームページ担当。
出口 隆弘
 都内特許事務所勤務 弁理士。
 2003年夏、ル・ピュイの道、フランス人の道を歩いて以来、ほぼ隔年でカミーノを歩いている。ここ数年は、スペイン側のルートを「区切り打ち」で歩いている。
 現役を引退された方のみならず、より多くの現役世代の方に、カミーノに赴き、その素晴らしさを体験してほしいと願っている。
 ニュースレターを担当。
中西 正浩
 某精密機器メーカーで事業開発を担当するサラリーマン。写真を撮るのが大好き。
 ある日書店で見かけた本で巡礼に関心を抱き、2013年より4回に分けてフランス人の道およびフィステーラの道を完歩。巡礼で様々な外国人たちと過ごすうち、仕事だけでなく家族や友人と過ごす時間も大切であることに気付かされ、自分の生活を見つめなおすきっかけを得た。だからひとりでも多くの人に巡礼を経験してほしいと、友の会の活動に関わるようになった。
 サンティアゴ巡礼報告会、ホームページを担当。現在はル・ピュイの道をイタリア人の友人とともに毎年少しずつ歩いている。
永倉 節子
 山登り、トレッキング、街歩きなど歩くことが大好きな私にとって「カミーノ」は永年の憧れであり目標だった。
2009年、春、友の会の存在を知り入会、助言を得てその年の秋、念願の初めてのカミーノ「フランス人の道」を歩く。
 以来、カミーノに魅せられ毎年、いろいろな道を歩いている。これからもできる限り歩き続けていきたい。
 また、これからカミーノに旅立とうとする皆さんのために少しでもお役にたてればと思っている。
伊藤 由三子
 2008年1月六本木の富士フィルムスクエアにて開催された南川三治郎さんのカミーノ写真展に行き、今まで見ことのない風景とその道を大きなリュックを背負って歩く人たちの姿になぜか強烈に惹かれる。
 同会場で「日本カミーノ・デ・サンティアゴ友の会」のプレ会員募集の案内に即座に応募。その日から8年半の月日を経て2016年9月念願の「フランス人の道」を歩き翌年から「ル・ピュイの道」を2年かけて歩く。
 「いつかカミーノを歩きたい」と思う心があれば必ずその時が訪れます。
The right time to go・・・
監事
友松 保幸氏
 東京生まれ。東京薬科大学卒。薬剤師。
 2013年夏、念願だったフランス人の道を友人と歩く。この時は、時間の制約から、プエンテ・ラ・レイナからレオンまでバスで移動した為、次回は全行程を、ゆっくりと堪能しつつ歩き通したいと考えている。
 出かける機会は僅かながら、海釣り、渓流釣り、トレッキングを楽しむ。