TOP † FAQ

携帯電話/インターネット/郵便

質問 日本の携帯電話が使用できますか
答え

基本的には各社の携帯電話が使用できますが、契約内容やお使いの機種により使用できないことがあります。通話・メール及びパケット通信等については海外料金適用となり高額になることがありますのでご注意ください。 詳細はご契約の携帯電話会社にご確認ください。

>>ページTOPへ

質問 Wifiはどんな所で使用可能ですか
答え

大きな都市から小さな町まで、○○広場とか公共施設の付近で使用可能な場所があり、観光案内所等にて確認できます。スペイン語ではWifiをウィフィーと呼びます。レストラン等の入口にWifi使用可能と張り紙があります。PINコードは、使用箇所で異なりますのでご確認下さい。
最近ではWifiが使えるアルベルゲも増えていますので、オスピタレロに確認してみて下さい。

>>ページTOPへ

質問 何処でインターネットサービスの利用が可能ですか
答え

宿泊客にインターネットサービスの提供をしている宿泊施設があります。大きな都市ではインターネットカフェ(シーベルカフェ:Cyber Cafe)があり15分/1ユーロ程度で利用可能です。日本語フォントが入っていないパソコンが多いのでメール等が読めないこともあります。

>>ページTOPへ

質問 日本語対応していないパソコンで日本語入力する方法がありますか
答え

Ajax IME: Web-based Japanese Input Methodのサイトをご紹介します。

Ajax IME
このサイトはWebベースの日本語入力サービスです。海外からでもブラウザさえあれば日本語を入力す ることができます。

>>ページTOPへ

質問 スペインで購入可能なプリペイド携帯電話がありますか
答え

スペインではプリペイド式が普及しており、携帯電話会社の営業店・空港等でプリペイド式の携帯電話を購入可能です。リチャージ(recargo:レカルゴと言います。)は、携帯電話会社の営業店又はタバコ屋(Estanco),スーパーマーケット,郵便局等で可能です。(リチャージの携帯電話番号と携帯電話会社名及びリチャージしたい額を相手にお伝えください。)

>>ページTOPへ

質問 アルベルゲで携帯電話・スマホの充電が可能ですか
答え

食堂、居室のAC電源から充電は可能です。(多くの方が使用しますので、順番にマナーを守って下さい。)なお、スペインのAC電源は220Vで、プラグが日本と異なります。コンセントのアダプター(Cタイプのプラグ)を持参し 充電器が220V対応か確認をして下さい。

>>ページTOPへ

質問 スペインからハガキ・封書を送りたいのですが
答え

切手は郵便局や、タバコ屋(Estanco)で購入できます。宛て名や住所はできるだけローマ字で記入し、目立つように「Japan」または「Japon(ハポン)」と記載してください。更にエアメールであることを示すために、「Air Mail」または「Por Avionポル アビオン)」と記載 します。

>>ページTOPへ

質問 日本への宅急便がありますか
答え

マドリッド等へ戻れば日本の宅急便会社があります。ペリカンジェットパック(航空便)スペイン日通(株)を参照下さい。

>>ページTOPへ

質問 途中で不要な荷物をサンティアゴ・デ・コンポステーラまで郵便で送ることが出来ますか
答え

郵便局留め(Lista de Correos)で送ることが出来ます。預かってくれる期間は30日、重量:20㎏はまで、大きさ:縦+横+高さ<200㎝(一辺100㎝以内) です。送ってから届くまで約4~5日かかります。詳細は郵便局にてご確認下さい。

>>ページTOPへ